AHD(アナログハイビジョン)とは?詳しく解説

HOME >AHD(アナログハイビジョン)とは?詳しく解説

AHD・アナログハイビジョンとは?解説

防犯カメラはフルハイビジョン

防犯カメラや録画機に内蔵されるコーダーやデコーダー部分の技術革新により、見違えるほど鮮明な監視映像を手に入れることが出来るようになりました。
※500万画素は4K(800万画素)ではございません

コストパフォーマンスに優れた防犯カメラ

実質価格が安くなった防犯カメラ

アナログ防犯カメラの配線のままで設置が可能

AHDカメラなら従来のアナログカメラ(41~52万画素)と互換性がありますので、これまでの配線を残したまま機材の取換が可能です。

アナログ防犯カメラと、AHDアナログハイビジョン防犯カメラの混合

パターンA 増設 アナログ防犯カメラに、AHD防犯カメラの増設

防犯カメラの増設

パターンB 買換え アナログ防犯カメラを一部AHD防犯カメラに買換え

防犯カメラの増設

防犯カメラはお得なセットがオススメ・在庫あります

  • ケーブルの再配線必要なし
  • モニターレイアウト自在
  • 全て揃う防犯カメラセット

ご注意下さい

  • AHD録画機にアナログカメラを繋いでも、アナログカメラ自体の解像度は上がりません。
  • 同一画面上でAHD210万画素(1080P)と従来のアナログカメラ(41~52万画素)を映し出すと解像度が大きく異なり、個人差により違和感があるかもしれませんが、段階的に買換えをされる方には最適です。
  • 放送通信規格を使ったHD-SDI機材との互換性はございませんのでご注意下さい。
  • モニターは、必ずフルハイビジョン方式(1920×1080)のものをご用意下さい。ハイビジョン720P方式(1280×1024)では最大解像度を表現できません。
このページのTOPへ
Copyright(C) 2005-2021 防犯カメラ監視カメラのネクステージ All rights reserved.