防犯カメラ AHD2.0 望遠レンズ付 市街地向け防犯カメラ

HOME >AHD > 防犯カメラ AHD2.0 望遠レンズ付 市街地向け防犯カメラ

防犯カメラ AHD2.0 望遠レンズ付 市街地向け防犯カメラ

画像を拡大する

関連カテゴリ:
商品コード: AHDC-3106

防犯カメラ AHD2.0 望遠レンズ付 市街地向け防犯カメラ

  • デイナイト機能
  • D-WDR
  • OSD
  • IRカットフィルター
  • 2.0MP
  • 屋外設置
販売価格(税込) 39,800
ポイント: 398 Pt
個  数
  • レンズ径と光量UP

製品特徴

  • 光学18倍メガピクセルレンズ装着。遠い場所の監視が可能です
  • 光量が多いので市街地での監視に向いています
  • AHD2.0メガピクセル対応録画機と一緒にお使いください
  • ※アナログ出力は付属していません

製品仕様

イメージセンサー 1/2.8" 2.4Mega Pixel SONY Exmor CMOS Image sensor IMX322
スキャニングシステム プログレッシブスキャン
解像度 1920X1080(1080P)
最低照度 カラー:0.01LUX モノクロ:0.001LUX F 値1.6
レンズ メガピクセル 5.0-90.0mm
S/N 比 52dB
赤外線照射距離 なし
デイナイト Auto/EXT/Color/BW
電子シャッター 1/30 ~ 1/50000 FLK
ビデオ出力 BNCX1(AHD のみ)
ホワイトバランス あり
IR カットフィルター あり
プライバシーマスク あり(4 箇所)
WDR あり
SENCE-UP あり
消費電流 150mA(最大270mA)
動作可能温度 温度: -10°C ~ +50°C 湿度 95%RH
外形寸法/ 重量 140(幅)×110(高)×363(奥) / 約1800g

デイナイト

  • カメラが周囲の明るさを判別し、周囲が一定の暗さになると自動的にカメラ映像をモノクロに切替、感度アップを図る機能です。
    日中などの明るい環境下では服装などの特徴が判別しやすいカラー映像で撮影され、夜間などの暗視下では感度が良く低ノイズで撮影する事ができるモノクロ映像で撮影する事ができます。
    • デイナイト
      昼間の映像
    • デイナイト
      夜間の映像

D-WDR デジタル ワイドダイナミックレンジ

  • 強い光を正面(逆光)にして撮影すると、周囲の物が白くなってしまったり、黒くなってしまったりするのをデジタル処理によって防ぐ機能です。
    デジタル処理によって画面内の明暗部を調節し、全体的に鮮明な映像に調節します。
    ※明暗の合成方式は、WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能とは異なります。
    • D-WDR
      WDRオフ
      背景の光量が多い場所ではカメラが映り込む映像を「明るい」と識別するため、トンネル内部のような映像になります
    • D-WDR
      逆光補正(BLCオン)
      露出は室内の人物に合わせられるため、背景が見えにくい
    D-WDR
    D-WDRオン
    デジタル処理で室内も室外も鮮明な画像に調整

OSD オンスクリーンディスプレイ

  • 防犯カメラ映像の細やかな設定は、カメラ内部の設定画面情報をモニター上に表示する機能となります。
    逆光補正やメニュー言語の変更などを行う機能です。
    カメラ本体にある物理ボタンだけではなく、最近ではUTC制御によりDVR(録画機)側からOSDメニュー操作できる機種もリリースされています。
  • OSD

IRカットフィルター

  • 赤外線IRカットフィルターが装着されているカメラでは、暗視時に余分な赤外線光が映像に取り込まれません。
    そのため輪郭のハッキリした夜間映像を残すことができます。
  • IRカットフィルター
このページのTOPへ
Copyright(C) 2005-2022 防犯カメラ監視カメラのネクステージ All rights reserved.